たるみの治療を目指そう|自分で行なうか整形外科に任せるか迷う

女の人

成長因子の注入

レディ

たるみの原因

目の下のたるみは、肌細胞の分裂がおこなわれにくくなることで生じます。細胞分裂によって新しい肌細胞が生み出されなければ、目の下には古い肌細胞が除去されずに残ることになります。古い肌細胞は、水分が少なく弾力も失われている状態なので、それにより目の下がたるんで見えるようになるわけです。細胞分裂のペースダウンが原因ですから、たるみ取りのためには細胞分裂を促進することが効果的です。そしてそのために行なわれている施術が、成長因子の注入です。人間の体には成長因子があり、それによって細胞分裂が促され、体が成長するという仕組みになっています。細胞分裂のペースダウンは、この成長因子が少なくなることが原因となっています。そのためこれを体外からの注入により補充すれば、細胞分裂のペースアップによるたるみ取りができるわけです。

患者自身の血液から

たるみ取りに使われる成長因子は、患者自身の血液から抽出されます。もともと体内に存在している成長因子を、採血によって取り出し、余分なものを除去した上で培養するのです。培養により成長因子は、もとの約1万倍にまで増えます。そしてそれを目の下に注入すれば、大量の成長因子によって細胞分裂がさかんにおこなわれ、新しい肌細胞がどんどん生み出されていきます。それにつれて、目の下からはたるみが除去され、目元は引き締まっていくことになるのです。患者自身の血液が使われるので、注入された成長因子を体はスムーズに受け入れます。つまり注入によって拒絶反応が起こる心配はないということです。そのためこの方法でのたるみ取りは、効果だけでなく安全性も高いということで、注目されています。