たるみの治療を目指そう|自分で行なうか整形外科に任せるか迷う

女の人

顔の肌をなめらかに

注射器

種類とそれぞれの改善方法

シワは、原因の違いによって3種類に大別されます。まずは、肌のたるみによって目尻や口元にできる小ジワです。次に、脂肪の重みによってできるほうれい線などのシワで、もうひとつが、眉間や額などによくできる筋肉の収縮によるシワです。そしてこのいずれも、美容外科での注射によって改善することが可能となっています。まずは、たるみが原因となっているシワですが、これは肌を引き締めるコラーゲン注射によって、徐々に浅くなっていきます。そして脂肪の重みによるシワの除去には、脂肪層との段差を埋めることのできるヒアルロン酸注射が有効です。筋肉の収縮が原因となっている場合は、ボトックス注射を打てば、収縮が抑えられ、目立ちにくくなるのです。

成分や効果の違い

コラーゲンとは肌の真皮層を構成している成分で、これは年をとると少なくなります。それによって肌はもろくなり、弾力の低下によりたるむようになるのです。そのため、注射器で肌に直接コラーゲンを注入すれば、弾力が蘇り、シワがなくなるわけです。そしてヒアルロン酸は、独特のとろみのある成分です。これは皮下に注入しても、体内をサラサラと流れていくことはなく、その場に留まります。そのためシワの内部に注入すれば、シワが埋められますし、その状態が持続することになるのです。またボトックス注射とは、ボツリヌス菌という筋肉を麻痺させる菌を、薄めた上で体内に注入するというものです。注入により、その部位はごく軽度のマヒ状態になります。軽度なので健康上の問題はありませんし、それでいて美容の妨げとなる筋肉の収縮は抑えられるのです。