たるみの治療を目指そう|自分で行なうか整形外科に任せるか迷う

ウーマン

成長因子の注入

レディ

細胞分裂のペースダウンにより、新しい肌細胞が作られなくなることで、目の下はたるんでいきます。そのため目の下のたるみ取りは、成長因子の注入により細胞分裂を促進するという方法でおこなわれています。患者の血液から抽出した成長因子を、約1万倍に培養してから注入するので、効果も安全性も高いと言えます。

オススメリンク

  • 若返り口コミcafe.com

    アンチエイジング効果が高い施術を受けて、しわやたるみをゼロにしよう!美肌を求めている方はコチラを要チェックです。
  • 本気の貴女経!たるみ治療ガイド

    クリニックを参考にしておくことができるので、たるみ治療の情報が知りたいと感じているならサイトを拝見してみよう。

セルフケアと美容整形

婦人

セルフケアで取る方法

目の下のたるみは、セルフケアで治療するか美容整形で治すかの二通りがあります。たるみ取りの美容整形治療は最終手段なので、とりあえずセルフケアで解消してみるのがおすすめです。生まれつき目の下にたるみができやすい体質の人もいますが、年を取ってからたるむのは眼輪筋の低下、紫外線、血行不良、刺激などが原因です。眼輪筋は眼球を支えている筋肉です。眼輪筋の働きがゆるくなると、眼窩脂肪が重力に負けて下がり突出してきます。そしてそれがたるみになります。眼輪筋はまぶしい目つきをしたり、ウインクをしたりすることで鍛えることができます。直接マッサージをすると逆にたるみに繋がることがありますが、肌に増ふれない眼輪筋トレーニングならいつでも簡単にできます。

整形をして解消する

眼輪筋トレーニングをしても解消されないたるみもあります。50代をすぎると眼輪筋だけの問題ではなくなってくるので、セルフケアでたるみを取るのは困難です。どうしてもたるみを解消したい場合は美容整形のたるみ取りがおすすめです。たるみをしっかり取れるのが、目の下にある眼窩脂肪そのものを取るたるみ取りです。目の下のまつげの生え際部分をわずかに切開し、眼窩脂肪を除去します。その上にある眼輪筋や皮膚もゆるんでいる場合は、それも一緒に取ってリフトアップします。眼の下のたるみ取りはまつげの生え際からアプローチするので表面から傷あとが分からないというメリットがあります。たった10分程度の治療で、劇的な若返り効果を得ることができます。

顔の肌をなめらかに

注射器

肌のたるみによってできる小ジワは、肌の弾力を蘇らせるコラーゲン注射で消すことができます。そして脂肪の重みによるほうれい線などは、とろみがあるため流れにくいヒアルロン酸を注射することで改善されます。また、筋肉の収縮による眉間などのシワは、筋肉を軽くマヒさせるボトックス注射によって、生じにくくなります。

ヒアルロン酸注入について

ウーマン

注射1つで簡単な施術であるヒアルロン酸注入のメリットと、施術の際に注意するべき点などや施術に対して不安に感じることがないよう、大阪で施術できるクリニックの選び方について紹介します。